Home > 通信機器関連製品のご紹介 > 局内保安器 > 45号保安器モジュール

45号保安器モジュール(45-「」ARR)

目的

 フレッツ・ADSLや他事業者によるADSL提供等に伴い、新たに端子板および保安器モジュールを設置する必要がありますが、現状のMDFでの端子板類の設置状況を踏まえると今後の需要動向によっては、MDFの行き詰まりが想定されるため、その対処の一環として、MDFの装置収容ケーブル成端用として導入されている40号保安器モジュールを、200号U試験弾器、200号U端子板等と同じ180mmピッチで取付け可能な45号保安器モジュールを提案致しました。

考え方

 保安器モジュールの取付けにあたって、MDFの装置収容ケーブル成端側(V側)が行き詰まり、加入者ケーブル成端側(H側)に取り付ける場合、現状の40号ARRでは非効率な設置になるため、その対処改善策として200-UTバンや200-UTS等と同じ取付ピッチである45号保安器モジュールを使用して頂くと効率的に設置ができ、MDFスペースを有効的に活用することが出来ます。

構成


45号保安器 40号保安器
回線数 96 128
サブモジュール数 12 16
サブモジュールあたりの
回線数
8 8

ダウンロード

品名 取扱説明書 図面
45号保安器モジュール 取扱説明書ダウンロード PDF図面ダウンロード

その他

<適用電線>0.4〜0.5
<結線工具>UCT-A工具
<装置側成端>CG18FBコネクタ